BI/BA/OLAP


ホワイトペーパー検索
  
     

35件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後


技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

DWHとは異なる「ガバナンスを効かせたデータ基盤」とはどのようなものか?

急増するデータや現場でのデータ活用などの課題を抱えるデータ基盤。これらの課題を解決するためには、ガバナンスを効かせた「データレイク」が必要だ。その実現に向けたベストプラクティスを紹介する。(2017/07/18)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

10分で分かる「データレイクの作り方」 データマートと何が違う?

ビッグデータをはじめとする社内外のデータを分析し、マーケティング部門や営業部門、財務部門など現場の意思決定に活用したい。こうした企業のニーズに応えるデータ管理戦略として注目されているのが「データレイク」だ。(2017/07/18)

事例

株式会社ジャストシステム

導入したのに使えないBIのワナ 第2ステップの対応が鍵だった

各拠点のERPデータから“トレンドを読める”ようにすべくBIを導入したものの、BIにありがちなワナにハマったという企業は多い模様。大仰なことは求めないから、もっと早く安く簡単にできないものか…。そう考えた、ある企業がとった手とは?(2017/07/04)

事例

株式会社ジャストシステム

事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速

総合エレクトロニクス商社の東和電気では、Microsoft Excelを使った手作業での予算実績管理表の作成に2週間かかっていたが、BIツール「Actionista!」を導入したことで、最短2日で表作成が可能になり、リアルタイムな業績可視化に成功した。システム導入とその効果に迫る。(2017/07/04)

事例

株式会社ジャストシステム

「営業部員が主体的に動き出した」 むさし証券に学ぶデータ分析の全社活用

全国で地域密着型の事業を展開するむさし証券では、基幹システムのデータを使った経営分析に課題を抱えていた。そこで、アイデアを直観的に反映できるデータ分析ツールを導入したところ、経営企画部門だけでなく営業部門にまで大きな変化が現れたという。(2017/07/04)

技術文書

SAS Institute Japan株式会社

BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり

大多数の企業や組織が採用している「Microsoft Office」とBIソリューションの連携は、情報共有と意思決定の強化という観点から重要である。その一方で、BIやアナリティクスをさらに生かそうとしている企業の多くが、この連携に課題を感じている。(2017/07/03)

レポート

Tableau Japan株式会社

いつものExcelレポートをより分かりやすく、ビジュアル化のテクニック

Excelでさまざまなデータを加工してレポートを作成すると、どうしても定型のグラフや表になってしまいがちだ。レポートのポイントを視覚的に伝えやすく、どうビジュアル化すればよいか、そのテクニックを知る。(2017/06/30)

技術文書

SAS Institute Japan株式会社

セルフサービス型BI活用の鍵、「ビジュアルなダッシュボード」の効果

ユーザー自身がデータ活用を行う「セルフサービス型BI」に注目が集まる。分析スピードが高まるとともに、IT部門がボトルネックとなるのを回避できるからだ。そこで、セルフサービス型BIを使いこなす鍵となる「ダッシュボード」について、役割や活用ポイントを解説する。(2016/11/30)

製品資料

SAS Institute Japan株式会社

業務部門ユーザーのデータ活用を促すための「3つの要因」

事業成長の機会を見つけるために、セルフサービス型BIや対話操作型の予測分析を活用する企業が増えている。専門の分析担当者でなくても使いやすく、速やかに正しい分析が行える環境を整備するには何が必要なのだろうか。(2016/11/30)

事例

日本電気株式会社

ぐるなびが3時間半かかっていた160万件の店舗分析をわずか「11秒」で完了

経営の見える化、マーケティング分析など、データ活用に取り組む企業が増えてきた。背景には超高速データ分析技術の発展がある。大量のデータから導き出した市場予測など、その活用の広がりを、ぐるなびなど先行企業の事例から解説する。(2016/10/12)

35件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後