横河レンタ・リース株式会社

http://www.yrl.com/



ホワイトペーパー検索
  
     

16件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


製品資料

働き方改革時代突入、今求められるクライアント環境構築の新しい手段とは?

業務に必要なクライアントPCをただ用意することは難しくない。しかし多様な働き方に合わせたPC環境を整えていくためには管理などの手間が大きくIT部門の悩みの種だ。これからは従来とは違ったPC利用の在り方が求められている。(2017/09/15)

製品資料

働き方改革に欠かせないクライアントPCのセキュリティ対策、その実現方法とは

働き方改革を推進すれば、持ち出したPCに起因する情報漏えいリスクも高まる。ただし強固過ぎるセキュリティ対策は柔軟な働き方を阻害する。セキュリティと利便性を適正なバランスで実現するのが、PC環境をサービスとして利用する考え方だ。(2017/09/15)

事例

持ち出し端末からの情報流出を防止、PCの“データレス化”実現までの舞台裏

VDIの導入では、運用体制の整備やコストがネックとなりやすい。そこで、VDIに代わる選択肢として注目されているのが「データレスPC」だ。導入事例から、VDIより低コストで、セキュリティやモビリティを向上させる秘訣を探る。(2017/03/23)

レポート

費用対効果はVDIの10倍 ランサムウェア対策としての「データレスPC」

企業を標的にしたランサムウェア攻撃の増加により、これまでエンドユーザー任せにしていた脆弱性対策が見直されつつある。その具体的な解決策として注目されているのが、一元的なバックアップと、VDIの10倍の費用対効果を実現するというデータレスPC環境だ。(2016/09/27)

事例

シンクライアント全50台をリプレース、「データレスPC」を選んだ理由

シンクライアントは情報漏えい対策などのセキュリティを保ちながら業務を行うことに適した環境の一つだ。しかし、そのために端末の性能や管理機能に制限が生まれているケースも少なくない。パフォーマンスも両立する選択肢を事例とともに示す。(2016/03/11)

事例

「オンライン専用」「パフォーマンス不足」で時代遅れになったVDIのリプレース先は?

IT開発プロジェクトを進める上で、個人情報や社外秘の機密情報を保護するために、VDI環境の導入は効果的だ。しかしそのコストは少なくなく、最近のビジネス環境においては業務活動に制約が生まれる場面も多い。(2016/03/11)

レポート

内部犯行の情報漏えいを防ぐ、デジタルフォレンジックの盲点を補うデータレスPCとは

企業情報の漏えいを防ぐには、内部犯行に対する着実な防御体制の構築が欠かせない。PCの操作ログ記録はその第一歩となるわけだが、ここにもさまざまな盲点がある。こうした弱点を消し去り、漏えいそのものの発生を予防するために「データレスPC」の活用が注目されている。(2015/10/27)

レポート

検証:15分で設定可能? 運用の懸念は? ハイパーコンパージド製品を検証してみた

ハイパーコンパージド製品には自動初期セットアップツールが付属しており、セットアップは15分程度で終了するといわれる。しかし、そのためには事前にパラメータを詰めることが必要? 構築後の運用の手間は? など不安はつきない。その答えを検証レポートからひも解く。(2015/08/27)

事例

「データレスPC」で漏えい対策と生産性向上の両立、VDIよりも低コストで簡便に導入

従業員が常にモバイルPCを持ち歩いて仕事をするような企業では、重要な秘密情報を漏えいさせない施策が必要になる。しかし、それによって生産性が低下するようでは意味がない。こうした二律背反する課題を解決する手法として「データレスPC」が注目されている。(2015/08/26)

事例

キューアンドエーのSDS運用4年間の実態を聞く、そのメリット・デメリットとは?

昨今注目を集めるサーバやストレージ、ネットワークなどを単一筐体にまとめたコンバージドシステムに加え、SDS(Software-Defined Storage)も活用したハイパーコンバージドシステムを4年間運用した導入事例から、その実態とメリット・デメリットをひも解く。(2015/07/31)

16件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後