パロアルトネットワークス株式会社

http://www.paloaltonetworks.jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

37件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後


技術文書

その機械学習は本物? エンドポイントセキュリティを評価する3つのポイント

高度化する脅威に、既存のツールや人による分析では対応が追い付かない。注目されているのが機械学習の活用だが、機械学習が本当に効果を発揮するかを判断するには「3つの評価ポイント」で慎重に検討する必要がある。(2017/08/07)

製品資料

金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?

サイバー犯罪者の主要な標的として狙われる金融機関。高度な攻撃や未知の脅威に対応し続けるには、安全性に加えて、脅威を一元管理し、運用の効率化も実現しなければならない。そのためには、どんなセキュリティ体制を構築すべきだろうか。(2017/08/07)

レポート

ランサムウェア対策レポート 身代金を支払わないために知っておくべきこと

データを人質にとって身代金を要求するサイバー犯罪者が増えている。ランサムウェアを使った攻撃が衰退する兆候は見られない。ランサムウェアの定義、歴史、現状の脅威状況、そして防御方法までを網羅的に解説する。(2017/03/07)

レポート

攻撃者はなぜランサムウェアを使う? サイバー犯罪のビジネスモデルとは

世界中で猛威を振るうランサムウェア。その登場の背景や脅威の現状をまとめるとともに、身代金を攻撃者に支払わないようにするための「3つのステップ」を紹介する。(2017/03/07)

製品資料

セキュリティ対策は「組み込み型」へ──ポイント対策が限界を迎えたわけ

新たな脅威に対応するために、企業はポイント対策製品を個別に導入してきた。この「追加型」のアプローチは限界を迎えつつある。日々進化するサイバー攻撃に対応するには、あらかじめ全ての対策が「組み込まれた」製品・サービスを選びたい。(2017/03/07)

技術文書

製品追加による対応は限界、統合されたセキュリティ対策を考える

高度化するサイバー攻撃の出現に伴い、随時対応セキュリティ製品を追加する「多層型」アプローチは限界を迎えている。ITセキュリティについて、戦略的に統合されたアーキテクチャの視点からあらためて考え直す時が来ている。(2017/02/24)

技術文書

サイバーセキュリティ対策に必須の10カ条――製品選定前に必読

サイバー犯罪の巧妙化に伴い、脅威の状況に合わせて対応できる包括的なセキュリティ対策が求められている。製品選定・導入を実施する際に照らし合わせて確認できるよう、サイバーセキュリティソリューションに必要な10カ条をまとめた。(2017/02/24)

事例

新日鉄住金ソリューションズが提供するマネージドクラウドサービスの運用管理環境を守る次世代ファイアウォール

企業の基幹システムにも対応する高い可用性を特長とするマネージドクラウドサービス「absonne」を提供する新日鉄住金ソリューションズ。同社は高度化・複雑化するインターネットの脅威からユーザー企業を守るために、セキュリティの要となるファイアウォールのリプレースに至った。(2016/11/01)

事例

IIJが徹底的にテストしたサンドボックス、決断の決め手は?

顧客向けにファイアウォールの運用を一手に請け負う「フルマネージド型ファイアウォール」を提供するインターネットイニシアティブ(IIJ)。標的型攻撃に対し、入り口部分対策として、厳しいテストに合格した「WildFire」の提供を開始した。(2016/11/01)

技術文書

世界中のサイバー犯罪と戦うために、英知を集結した「脅威インテリジェンスクラウド」

サイバー犯罪が多発する現在、もう手作業では企業を守れない。世界中の組織の脅威インテリジェンスを結集し、未知の脅威をほぼリアルタイムで認識、強力な自動防御とデータ相関により、脅威やセキュリティ侵害を最小限に抑える「脅威インテリジェンスクラウド」が不可欠だ。(2016/11/01)

37件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後