株式会社ネットジャパン

http://www.netjapan.co.jp/



ホワイトペーパー検索
  
     

8件中 1-8件目

<< 最初 1 >> 最後


事例

この会社は仮想環境の障害対策で「十分に満足」な体制をどう構築したのか

会計事務所向けのシステム開発や業務支援を行っているエッサム社では、費用の高いクラスタに代わる仮想環境での適切な障害対策を模索していた。仮想マシンで動作するサービスを迅速かつ確実に復旧するため同社が選んだ方法とは。(2017/06/13)

レポート

後悔してからでは間に合わない――今こそバックアップ体制を見直すべき理由

限られたIT予算のなか、直接利益を生むわけではないバックアップは検討を後回しにされがちだ。しかしランサムウェアの脅威をはじめ、もはや企業責任としてバックアップは必要不可欠の状況になっている。(2017/06/01)

事例

鉄壁の復旧体制を確立 自治体の戸籍情報システムに学ぶ障害対策手法

自治体の戸籍業務を支えるシステムの構築・運用管理を担当しているリコージャパン。業務を止めることが許されないシステムであるため、万が一の障害発生に対して迅速に対応できる復旧体制を確立する必要があった。(2017/06/01)

レポート

予算はなくても強化が必須のバックアップ体制、マルウェアや仮想化への対応は?

業務システムにおけるバックアップ体制の重要性は増す一方だが、IT予算の厳しい状況は変わらずに続いている。このようなコストの制約があるなかで、ハイブリッド環境対応やランサムウェア対策に適したバックアップ体制を構築できるのだろうか。(2016/09/28)

事例

約1時間で仮想マシンを復旧、仮想環境に最適な“丸ごと”バックアップ

サーバの増加による仮想環境への運用拡大は、障害対策を見直す契機となる。この機会にクラスタに代わる方法へと刷新することで、コストを削減し、復旧時間も最小限に抑えたWebサービス事業者の事例から、仮想環境に最適なバックアップの方法を探る。(2016/09/28)

製品資料

日本発のイメージングバックアップソフトはここが違う!

サーバのイメージングバックアップソフトはどれも同じではない。スピードや安定性、バックアップ時にデータの容量を劇的に軽減する重複排除圧縮機能など、ジャパンクオリティを掲げるにふさわしい優れた国産ソフトの存在をご存じだろうか。(2015/01/29)

製品資料

仮想環境に適したバックアップとは?

仮想環境が幅広く浸透した現在、業務システムの仮想環境への移行も進み、仮想環境下に置かれたデータの重要度も増している。データ消失を防ぐため、日頃からバックアップを実行し、万全の体制を整えるためにはどうすればよいのだろうか?(2014/02/27)

事例

重複排除圧縮でバックアップ容量を大幅削減。仮想環境でコスト削減もできるイメージングバックアップソフト

「バックアップや復旧に時間がかかる上、直近の状態に戻せない」。このような限界に突き当たっている現場が増えている。また、サーバーの仮想化を推進する上でも、バックアップコストの増大は大きな課題だ。これらの解となる事例を紹介する。(2012/10/12)

8件中 1-8件目

<< 最初 1 >> 最後